日本代表の育成にむけた「育成リーグ」と「EPA」 開催のご案内


JTAでは、各年代、各地域の競技レベル向上を図り、世界と戦える日本代表プレーヤーの育成、日本代表になるまでの体系構築のために、『エリートプレーヤーズアカデミー』(以下:EPA)を実施しており、今回の「育成リーグ」と同時開催します。また、EPAレベル3は日本代表選手の必須レベルとなっております。
※EPAとはタッチに必要なスキルと知識を明確にし、プレーヤーをレベル1~5までの5段階に分類して評価するプログラムです。このプログラムを通じて各プレーヤーのタッチのスキル、知識を向上させ、世界と戦える日本代表プレーヤーを育成します。1.期日
○前期リーグ

日程 レベル 内容 代表練習
4/28(土) EPA2 ①ルール・タッチ用語 ②パス ③ロールボール
5/19(土) EPA2 ④ハーフパス ⑤3A ⑥タッチの仕方
5/26(土) EPA2 ⑦ランスキル ⑧ラインディフェンス
6/16(土) EPA2 単位補講クラス(リーグ戦の空き時間にも受講できます。)
6/30(土) EPA2 単位補講クラス(リーグ戦の空き時間にも受講できます。)

○後期リーグ

日程 レベル 内容 代表練習
9/8(土) EPA3 ①高度なパス ②高度なハーフパス ③3人組ムーブ
EPA2 単位補講クラス(リーグ戦の空き時間にも受講できます。)
9/29(土) EPA3 ④スクープ ⑤クイック ⑥ランスキル
EPA2 単位補講クラス(リーグ戦の空き時間にも受講できます。)
10/13(土) EPA3 ⑦ステップ ⑧ディフェンスシステム ⑨コミュニケーション
EPA2 単位補講クラス(リーグ戦の空き時間にも受講できます。)
10/27(土) EPA3 単位補講クラス(リーグ戦の空き時間にも受講できます。)
EPA2 単位補講クラス(リーグ戦の空き時間にも受講できます。)

■時間  10時~13時 (開始時間の15分前には受付をお願いします。)

2.場所 江戸川第三グラウンド(新柴又グラウンド)
http://www.geocities.co.jp/Athlete/7014/map/map.html#shiba
電車:北総開発鉄道「新柴又駅」下車 徒歩10分
車  :国道14号線から北上し、河川敷沿いの取りに対して、北総開発鉄道の陸橋の下流(南方)部分の入り口から土手を超えると、有料駐車場(500円/台)があります。

3.内容
・タッチ講習会(EPAレベル2・EPAレベル3)
・リーグ戦形式(各チーム15分ゲームを3試合程度)

■モデルスケジュール
9:45 受付
10:00 EPA講習会
11:00 リーグ戦
(リーグ戦に参加しない個人に対してEPA単位補習クラスを行います。)
13:00 終了

4.対象
・チームや個人のレベルアップを目指す方。
・タッチラグビー日本代表を目指す方。
※原則チームでご参加ください。チーム編成が難しい方は、個人での参加も可 能です。
※特にタッチラグビー初心者のラガーマンや他種目のスポーツ経験者を広く募集します。
(タッチラグビーには、男女別、男女混合や年代別のワールドカップがあります。)

5、主催
(財)ジャパンタッチ協会

6.参加費
・無料(スポーツ保険は各チーム・各自でご加入ください。)
※EPA講習料は無料になりますがEPAレベル認定には認定料が必要になります。
※EPAレベル3は日本代表選手の必須レベルとなっております。
また、EPAレベル2を取得していないとEPAレベル3を取得することができません。
※EPAレベル2取得 認定料5000円 ・EPAレベル3取得 認定料10000円

7.補講
EPAは単位制で実施していきますので。EPA単位補講クラスやリーグ戦の空き時間にEPA補講を行うことにより、単位を取得することができます。

8.JTA日本代表ポリシー
以下のポリシーに賛同して頂ける方で通年を通して、日本代表チーム各カテゴリー20名を目安に構成します。ぜひ内容をご確認の上、日本代表候補として本活動に参加してください。本活動を2015年のタッチワールドカップ本番までチームとして活動を続けます。本活動を通じて、随時、日本代表メンバーの追加・変更をしていきます。

■想定カテゴリー
・メンズーオープン
・ウーメンズオープン
・シニアミックス(オーバー30)
※想定カテゴリーは、本年3月のニュージーランド遠征を通して決定したタッチワールドカップでメダルを獲得する可能性のあるカテゴリーです。現段階の想定カテゴリーあり、変更になることがあります。

■JTA日本代表チーム「7つの選定基準」

NO 選定基準 内容
協力・団結・規律 2015年タッチワールドカップに向けて、日本全体がひとつとなり、世界で戦える日本代表チームを構築するにあたり、「協力・団結して日本のタッチ界の強化・普及を図る」「日本代表としてのふさわしいATTITUDE(態度)を心がけ、タッチプレーヤーから応援してくださる方々の模範となる」
練習参加率50%以上必須 ・タッチワールドカップ日本代表経験者→参加率50%以上
・タッチワールドカップ日本代表未経験者→参加率64%以上
練習頻度
・海外遠征3ヶ月前から海外遠征まで・・・隔週
・上記以外・・・・月1回
年2回の海外遠征に1回以上
参加
毎年、オーストラリアかニュージーランドに遠征予定です。
JTAではオーストラリア・ニュージーランドのような強豪国での試合経験が日本代表としての必須条件とします。
日本代表フィジカル基準 今後練習会・トライアウトにて定期的にフィジカル計測を実施致します。
各カテゴリーに設けた基準に達するもの。
EPAレベル3の取得 日本代表に必要なタッチに必要なスキルと知識を身につけるために最低EPAレベル3の取得を必須条件とします。
エリアコーチ活動の実施 各エリアのEPAレベル1・2を各地域で代表選手が中心に指導し、タッチ界の普及・強化のために協力すること。
協賛・後援会募集活動
の実施
日本代表活動を協会・チーム全体でサポートするために日本代表選手も積極的に協賛・後援会募集活動を推進すること。

■2012年以降の主な日本代表によるスケジュール(予定)
・2012年12月(1週目予定):NSW州ステイトカップ(オーストラリア)
・2013年3月(1週目予定):ナショナルタッチリーグ(NTL)(オーストラリア)
※日程は、現段階の見込みであり、変更になることがありますのでご了承ください。
■申し込み方法
平成24年4月23日(月)までに申し込みを行ってください。
※全ての日程に参加できなくても参加可能です。その場合、個別にフォローアップしていくので、事前にご連絡ください。
・チーム名
・代表者名
・代表者携帯電話番号
・代表者メールアドレス
※原則チームでご参加ください。チーム編成が難しい方は、個人での参加も可能です。

■お申し込み&お問い合わせ
一般財団法人ジャパンタッチ協会 事務局長 渡部誠 E-mail: jta@psic.jp
※雨天中止についてはジャパンタッチ協会ホームページ上で当日7時までに掲載します。
ジャパンタッチ協会ホームページ http://www.japantouch.jp/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中